大分大学の活動の窓 - 利益共有型インターンシップフェア科目 平成28年度

2016利益共有型中長期インターンシップ(最終) フィールドワーク

平成29年3月12日(日)、「2016利益共有型中長期インターンシップ」の最後の授業を、玖珠町八幡地区で行いました。
最後の授業では、活動を見える化するために人口増を目的とした「地域紹介のパンフレット」を八幡地区文化祭で地域の方々に提示しました。
地域の方々に好意的に受け止めて頂き、学生も対人能力や、やる気が非常に高まった様子でした。

文化祭スタート

説明

パンフレットを見ている様子

文化祭終了

お疲れ様会①

お疲れ様会②

お疲れ様会③

2016利益共有型中長期インターンシップ③ フィールドワーク

平成28年12月17日(土)~18日(日)、「2016利益共有型中長期インターンシップ」の授業を、玖珠町八幡地区で行いました。
朝は-5℃まで気温が下がる中、前回に引き続きお宅訪問(情報収集)を行いました。
日曜朝の地域中学生との学習会は2回目となり、中学生に地域を案内してもらったり、更に交流を深めることができました。

(1日目)
お宅訪問(情報収集)

振り返り

夕食

石川教授座談会

就寝

(2日目)
中学生と勉強会

お宅訪問(情報収集)

振り返り

学生の様子

地域の方との対話

夕食

2016利益共有型中長期インターンシップ② フィールドワーク

平成28年11月19日(土)~20日(日)、「2016利益共有型中長期インターンシップ」の授業を、玖珠町八幡地区で行いました。

(1日目)
大分大学から玖珠町までバスで移動

大麦栽培予定地の「うらのはる地区」視察

森地区街並み保存地域の視察

玖珠町の景観展望等

メルサンホールにて(玖珠町紹介ビデオ視聴、むすび食堂の近藤貴水氏より「食と人・都と郷・人と人をむすぶ」説明、昼食)

お宅訪問(情報収集)

振り返り

夕食

就寝

(2日目)
八幡自治会館ホールにて中学生と勉強会

お宅訪問(情報収集)

振り返り

大分大学

2016利益共有型中長期インターンシップメンバー

お宅訪問(自転車で移動)

お宅訪問

地元中学生との勉強会

昼食の様子

マッピング

2016利益共有型中長期インターンシップ開講

平成28年11月14日(月)、大分大学産学官連携機構セミナー室にて、2016「利益共有型中長期インターンシップ」を開講しました。
2016「利益共有型中長期インターンシップ」では、玖珠町八幡地区で、地元の人が気づかなかった都会にはない「価値」を地域の方と共有し、その価値をパンフレットとして見える化します。
初日は、授業のガイダンスを行いました。

挨拶(石川教授)

アイスブレイク➀

アイスブレイク②

平成28年度学生キックオフを開催しました

平成28年4月7日(木)・4月8日(金)、大分大学旦野原キャンパス第2大講義室にて、学生キックオフを開催しました。
本年度より始まる「大分を創る科目」について、257名の学生が説明を受けました。

越智理事(教育担当)よりご挨拶

COC+推進機構中川先生より「大分を創る科目」についての説明

学生の様子

アンケート結果

大学等による「おおいた創生」推進協議会事務局 / 大分大学COC+推進機構
870-1192 大分市大字旦野原700番地 TEL 097-554-7913・7980 FAX 097-554-6177

© 2017 COC+(大学等による「おおいた創生」推進協議会)